第4回赤松良子ジェンダー平等基金決定
star18.png
第4回赤松良子ジェンダー平等基金決定
「文化庁文化芸術活動の継続支援事業」「京都市⽂化芸術活動緊急奨励⾦」「京都府文化活動継続支援補助金」採択事業  
2018JAIWRマーク [透明].gif
ロゴ.jpg
  • Instagram
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Mimoza Project ミモザ 演劇 プロジェクト
   

   


 フランスにおいて、女性の権利・ユーモアをテーマにした舞台で高い評価を得ている脚本家・演出家トリニダード・ガルシアが、日本の女性の人権獲得の歴史を2022年2月に舞台化するプロジェクト。  

  現代から1970年代、1940年代、1910年代青鞜の時代へと遡ります。3名の俳優が、4世代の女性12名を演じ、それぞれの時代で個人的な話を語ります。同時にユーモアをもちながら女性視点での社会的な背景を紹介し、観客が自然とこれまでの女性の権利獲得の歴史を楽しく知り、自分の立ち位置を知るきっかけとなれる、日本人女性が主人公の演劇です。

これまでに受けた助成

2020年度 赤松良子ジェンダー平等基金

2020年度 京都市文化芸術緊急奨励金

2020年度 文化庁 文化芸術活動の継続支援事業 

2020年度 京都府文化活動継続支援補助金

2021年度   LVMH Japan Elles VMH

今後の予定

オンライン朗読放映:2021年 夏 

朗読会&トークイベント:2021年11月12日(金) @LVMH TokyoHouse ・13日(土) @市川房枝記念センター 
劇場上演 2022年2月17日〜20日: @Theatre E9  協賛

劇場上演2022年3月4日5日6日 @シアターX  

2020年8月プレ-イベントで発表

 国立女性教育センターフォーラムにおいて、現代女性の社会に対する疑問を描いた朗読劇

Logo_DMG_MORI_BLACK.jpg

プロジェクト実現に向けてのこれまでの活動の一部について以下よりご覧いただけます

ローラン・ピック駐日フランス大使Laurent Pic Ambassadeur de France au Japonと 2020.1.11
ローラン・ピック駐日フランス大使Laurent Pic Ambassadeur de France au Japonと 2020.1.11
Pour que tu t'aimes encore アンスティチュ・フランセ京都で上演 2020.1.11
Pour que tu t'aimes encore アンスティチュ・フランセ京都で上演 2020.1.11
ワークショップ@京都精華大学2019.5.7
ワークショップ@京都精華大学2019.5.7
トークイベント@Kyotographie 京都国際写真祭 ・パリテカフェ京都 レベッカ・ジェニスン教授と池内靖子教授と登壇
トークイベント@Kyotographie 京都国際写真祭 ・パリテカフェ京都 レベッカ・ジェニスン教授と池内靖子教授と登壇
Welcome party 2019.5.2
Welcome party 2019.5.2
池上清子教授と@長崎大学 NCGM サテライト
池上清子教授と@長崎大学 NCGM サテライト
山下泰子教授とピアニスト瀬尾真喜子さんと
山下泰子教授とピアニスト瀬尾真喜子さんと
三浦まり教授と@上智大学
三浦まり教授と@上智大学
翻訳家石田久仁子さんと2020.1.15
翻訳家石田久仁子さんと2020.1.15

MIMOZA But du projet

 -Production du script de l’adaptation japonaise basée sur l'histoire du mouvement féministe au Japon
-Représentations au Japon en 2022

Nous travaillons en étroite collaboration avec Trinidad s’inscrira dans le contexte et l’histoire des droits des femmes au Japon.

Une enquête par le biais d’interviews de femmes est en cours pour raconter l'histoire de l'acquisition des droits des femmes au Japon par des histoires personnelles. Quatre âges ,trois comédiennes jouent quatre générations de femmes, dans les années 40, 70 et 2020, avec narratrice. 

 clés et trois figures féminines de quatre générations ont été choisis pour produire une narration personnelle pour chacune des époques. 

 

En introduisant un contexte politique, le public pourra enrichir ses connaissances et porter un nouveau regard sur l'histoire de l'acquisition des droits des femmes au Japon.

Notre objectif est de produire une pièce qui contribuera à l’émancipation des femmes.