​今後の予定

2021年 3月  国際女性の日イベント企画・NGO CSW/NY 国連女性の地位委員会参加

2021年 4月  女性参政権記念日 イベント企画

2021年 8月    オンライン朗読@国立女性教育センター フォーラム参加 

2021年11月   朗読@LVMH Tokyo House 

2022年 2月    劇場上演@京都 Theatre E9

2022年 3月    劇場上演@シアターX

≪POUR QUE TU T’AIMES ENCORE≫

あなたが貴方をふたたび愛すために

10歳で出会ったフランソワーズ・ドルレアック、50歳で出会ったブリジット・ラーエなどのロールモデルを再訪することにしました。溢れるユーモアと優しさでセクシュアリティーを楽しむトリニダード。モデルとなった女性達を通して女性の強さと同時に、男性の壊れやすさついて表現します。

Pour que チラシ.png

明治大学公開ゼミ

​ワークショップ 2020.1.15

女性の人権を

身体 ”劇・ダンス” で表現する

堀口悦子教授ゼミ

身体を通しての女性の人権を表現するという共通のテーマに沿って、女性差別撤廃条約(CEDAW)を日本語とフランス語で朗読した後、CEDAWダンスを知り、Et pendant ce temps Simone veilleの製作や内容についてお話しました。

来日2020年1月
Janvier 2020
来日2019年5月
Mai 2019

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭パリテカフェ京都 

​トークイベント2019.5.5

女性の居場所

物語の再設定 と表現による癒し

登壇者

レベッカ・ジェニスン教授 

池内靖子教授

脚本家トリニダード・ガルシア

制作者リボアルなみの

@mumokuteki 無目的ホール

KG.jpg

京都精華大学IC-Cube

​講演会&ワークショップ

2019.5.8

彼女のものがたり〜声・身体・笑い

Her story: Voice, Body, Laughter

現在、パリで活躍中の人気劇作家 / 女優のトリニダド・ガルシアがパリの演劇業界や自作、女性の「居場所」 などについて語り、声・身体・笑いをテーマにしたワークショップを開催しました。

開催イベント

2019年5月 KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭・パリテカフェ トークイベント登壇

2019年5月 京都精華大学 ICキューブ講演会・ワークショップ 登壇

2020年1月 明治大学 ワークショップ 登壇

2020年1月 アンスティチュ・フランセ稲畑ホール トリニダード一人芝居 上演

2020年1月 ローラン・ピック 駐日フランス大使 面会

2020年8月 国立女性教育センターフォーラム オンライン朗読演劇公演