12月26日(日) | Vimeo オンデマンド配信 on demand broadcasting

Online Reading 2020& 1910 オンラインプレリーディング

約120分 / オンデマンド配信 About 120min/ on demand broadcasting With English subtitles 2021年12月25日(土)-26日(日) 日程が変更になりました。 約120分 オンデマンド配信 オンラインプレリーディングと進藤久美子先生によるポストトークイベント 25-26 December( About 120min/on demand broadcasting) Reading and post talk. with English subtitles 30-31日公開分と同内容。Same content as 30-31
お申し込みの受付は終了しました。
Online Reading 2020& 1910 オンラインプレリーディング

日時・場所

2021年12月26日 10:00 – 2021年12月30日 22:00
Vimeo オンデマンド配信 on demand broadcasting

イベントについて

MIMOZA Ways ミモザウェイ~わたしたちの道2020-1910-2020 

「ジェンダー平等 x 演劇」 

現在私たちの置かれている状況の起点ともいえる青鞜の時代へ!100年あまり前に生きた女性たちに出会う。

フランスの劇作家トリニダード・ガルシアのオリジナル書き下ろし。

このリーディングでは、2022年2月に上演予定の、ミモザ演劇の一部を朗読公開いたします。 

2月の公演時には1970年代が追加され、内容は変わります。

 ======================================================

第1部 ミモザプロジェクトの紹介・メイキングオフ    

脚本・演出家 TRINIDAD トリニダードガルシア

第2部 ミモザプロジェクト新作演劇 プレリーディング    

プレリーディング 2020-1910-2020    

*英語字幕付き

第3部 ポストトークイベント(約50分 )    

大正時代の女性たちが生きた社会の様子についてのお話や、トリニダードの作品「シモーヌ」に登場する1950年代から現代のフランスの社会についてもご紹介いただきます。  

登壇者  

東洋英和女学院大学名誉教授 進藤久美子  

ミモザ演劇 脚本・演出 トリニダード・ガルシア  

ミモザ演劇 製作者 リボアル堀井なみの/モデレータ  

*英語(日本語字幕付き)

====================================================== 

助成 赤松良子ジェンダー平等基金(国際女性の地位協会/2020年度) 日仏笹川財団 協賛 DMG森精機株式会社

*More Experiments [KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2021 AUTUMN] *国立女性教育会館NWEC2021フォーラム参加:forum.nwec.go.jp/programs/no21/

【今後の予定】 

2022年 2月18日~20日    劇場上演@京都 Theatre E9 2022年 3月5日~6日   

オンデマンド・オンライン配信

************************************** 

MIMOZA Ways- Our Way 2020-1910-2020

Gender Equality x Theater  

Shall we go back to the era of the bluestocking, the starting point of the  situation we are in today! Meet the women who lived over 100 years ago.

Original writing by French playwright Trinidad Garcia.

This is a pre-reading event of a part of the Mimoza play, scheduled to be performed in February 2022. The content will change with the addition of the 1970s when the play is performed in February. ======================================================

Part 1: Introduction and making-off of the Mimosa Project     

by TRINIDAD Trinidad Garcia, Scriptwriter, and director

Part 2: Mimoza ways New Plays     

Pre-reading 2020-1910-2020    

Subtitles in English

Part 3: Post Talk Event (approx. 50 min.)    

We talk about the society in which women lived in the Taisho era, and  also about the society in France from the 1950s to the present day,  which appears in Trinidad's work "Simone".  

Speakers  

Kumiko Shindo, Professor Emeritus, Toyo Eiwa University  

Trinidad Garcia, Scriptwriter, and director of the play "Mimosa  

Namino Rivoal Horii / Mimoza Theatre Producer: Moderator  

In English (subtitles in Japanese)

====================================================== 

Supported by Ryoko Akamatsu Gender Equality Fund (Japanese Association of International Women's Rights / FY2020) The Fondation Franco-Japonaise Sasakawa Supported by DMG Mori Seiki Co.

More Experiments [KYOTO EXPERIMENT Kyoto International Performing Arts Festival 2021 AUTUMN]

 Participation in the NWEC2021 Forum at the National Women's Education Center: forum.nwec.go.jp/programs/no21/

NEXT Schedule 

February 18~20 2022. Theater performance @ Theatre E9, Kyoto 

March 5~6, 2022 On-demand and online distribution

このイベントをシェア