top of page

トークイベント アンスティチュ・フランセ関西ー京都「ジェンダー平等×演劇」ミモザウェイズ1910-2020

私たちの道 過去から未来へ


日仏女性の人権架け橋 ミモザ実行委員会では、日仏のアーティストが協力して制作をしている、演劇『ミモザウェイズ1910-2020』の公演を東京・福岡で行います。 演劇では、1910年代の青鞜社から、1970年代のウーマンリブ、そして現代を扱います。演出のために来日中のトリニダード・ガルシアさんに制作・演出についてお尋ねします。

その青鞜の時代の少しあとに、遊廓の中での暮らした春駒(森光子)という女性が残した『春駒日記』という作品があります。 当時の遊廓に関しての当事者の記録は少なく、その作品は当事者の生を伝えるきわめて貴重なドキュメントです。 底辺で生きた女性の声を通して、100年前の状況を知り、それが現代にどのように続いているのか―女性史研究者山家悠平さんとトリニダードさんの対談を行います。

開催情報 日時:2023年2月17日(金) 18:00~19:00( 会場17:30) 会場:アンスティチュ・フランセ関西ー京都 形式 対面方式( 後日オンライン配信の予定) 参加費無料 (要予約)予約リンク 日仏逐次通訳付き

タイムテーブル 18:00 オープニング 登壇者紹介 18:05 対談 18:45 質疑応答 19:00 終了

登壇者 山家悠平 トリニダード・ガルシア

通訳 竹中香子 コメンテーター レベッカ・ジェニスン モデレータ リボアルなみの


要事前申し込み 入場無料

075-761-2105

アンスティチュ・フランセ関西ー京都 〒 606-8301 左京区吉田泉殿町8 京都市 日本

閲覧数:16回0件のコメント

ความคิดเห็น


bottom of page